エクステリアで理想の家づくり|今までと違う外光工事

人気のデザインと基準

シンプルが人気

スプリンクラー

横浜や東京などで人気のエクステリア工事が、シンプルなデザインを取り入れた工事です。特に、白を基調としたエクステリア工事はどの季節にも適応しています。白を基調とした外観と、その両サイドに緑を取り入れていきます。中央に低めの白を基調とした階段を作り、階段の側には暖色系のライトを設置すると、昼と夜のイメージが異なる外観に仕上げることができます。これらは、どの季節にも応じた外観となります。他にも、シンプルかつモダンな仕上がりとなる外観も人気があります。中央に壁を作らず、建物の壁の中に角柱を作っていきます。このなかに木材を垂直に設置し、その前には木を植えていきます。下から暖色系のライトを照らせば、料亭のようなモダンな外観に仕上がります。和をイメージさせるような作りとなり、シンプルに仕上げることで高級感が出せます。このように、エクステリア工事ではシンプルなデザインを取り入れた工事が行なわれています。横浜や東京などによく見られます。

建物を基準としてデザインを考える

エクステリア工事で最も重要なのが、建物に合ったデザインにするということです。個性的な建物にシンプルなエクステリア工事を行なっても、外観だけが浮いてしまいます。建物に応じた良い仕上がりにすることが何よりも大切なのです。デザイン性を求めたエクステリア工事は人気がありますが、建物を基準としてデザイン性や機能性を考えていきます。横浜や東京だけでなく、全国に点在する専門店でも、このような取り組みを行なっています。